男性向け作品 MFブックス 結果発表

<第4期>新人賞
選考結果発表!

佳作

賞金:10万円
あらゆる手段を尽くしてトッププレイヤーになりたい、他人のカネで。そうだ、盗賊しよう。
著者:三毛 乱二郎

編集部講評

『小説家になろう』において、VRMMOものといえば「ログアウトできずに精神だけ取り残された」「前世での死後、ゲームの世界に転生していた」などが定石。ですが、本作は「現実とゲーム内の世界を交互に切り取る」トリッキーな世界観で描かれており、選考会でも大きく議論されました。
主人公像も「正義感が強く、弱きを助け強きをくじく」といった“いかにも”な感じには描かれず、大人ならではの駆け引きなど、ある種の“汚さ”を生々しく感じさせています。
“王道”を往かず、だからといって読みやすさを損なってまで“邪道”にも往かない絶妙なバランス加減に、強く光るものを感じました。
書籍化の際には、MFブックス読者に向けて多少の手直しも必要ですが、将来を感じさせる作品として授賞が決まりました。

編集部総評

投稿者の皆様。このたびは「MFブックス&アリアンローズ新人賞 MFブックス部門」にご応募いただきまして、誠にありがとうございました。
この賞は、投稿サイト「小説家になろう」作品を書籍化し、なろうファン以外の読者へも広く作品を浸透させるため、それにふさわしい物語を選出することを目的としています。

このたびの「第4期」では、三毛乱二郎氏の『あらゆる手段を尽くしてトッププレイヤーになりたい、他人のカネで。そうだ、盗賊しよう。』が佳作に選ばれました。VRMMOのゲーム世界と現実世界を行き来し、「盗賊」となる主人公を描くトリッキーな物語。読者の倫理感に問いかける局面をも持つ異色作です。「共感性」を追求する傾向の「なろう」ヒットタイトルの中においては、「新境地」といえる一作かもしれません。
こちらは近日刊行の予定ですので、ぜひ皆さんの目で上記を確かめて頂ければと存じます。

下記のタイトルは、審査において各審査員が「これは!」と注目した4本です。順番はランダムですので念のため。

富士丸尾氏の『異世界で王女様に振られた俺は日本に戻ってリア充を目指します』は、キャラ作り抜群。物語にすんなり入ることができる作品でした。対象読者年齢層としては十代!?

大山秀樹氏の『何でも出来て何にも出来ない男が平穏無事な生活を手に入れるまで』は、非常に頑張って設定を練ってると感じましたが、主人公の「器用貧乏」をもっと効果的に描写できていたら、より楽しい作品になったと思いました。

蜜風諒氏の『異世界転生 ~異世界が転生してきたようです~』は、テンポの良い文章力で非常に読みやすい一篇。だからこそ、より多くの物語性を求めたくなるのは読者の自然な気持ちかな……と。

因幡縁氏の『せっかく異世界に転生したので、転移魔法でのし上がる』。こちらは応募再挑戦ありがとうございました。展開も早く仕掛けも満載の一篇ですが、クセのある主人公像と主軸を見失いそうな物語で、惜しくも選に漏れてしまいました。

上記4作品の著者の方々の次期応募を、編集部では心待ちにしております。

1年間を4期に割って募集して参りました本賞、1年間の振り返りとともに新しい年の新しい募集要項を近日中に発表したいと思います。
しばしお待ちください。そしてまた、皆様の熱い作品・挑戦をお待ちしております!