新着情報一覧Topics

第4章「怪物たちの死闘」|14:連携

2015年09月03日

先読み情報
エネミーズ/1996 1

VIEW:三原一也 
SHEET:1-4-014
DATE:1996/08/13 TUE 16:40 
PLACE:塔 

〈バグ〉と一也に襲いかかる石礫の雨。彼らを助けたのは……


「ノヴァ体になった〈セイレーン〉には勝てない。逃げるんだ!」

 一也がいくら叫んでも、〈バグ〉は逃げようとはしなかった。

「山城君!」

 天井を支えていた太い梁が折れるのが見えた。巨大な石柱が降ってくる様を、一也はスローモーションの視界の中に捉えた。

(……ダメだ。いくら〈バグ〉でも潰される)

 ──一也が覚悟を決めた瞬間だった。
 太い石柱がその端のみを残し、唐突に消滅した。

「……〈フェンリル〉?」

 一也は思わず声を上げた。
 めぐみが変身した怪物が一也たちの傍らに立ち、その胸を大きく張って虚空を睨んでいた。

(……助けてくれたのか)

〈フェンリル〉の破砕の能力。あらゆるものを消滅させる力が、石柱を消し去ってくれたのだ。
 だが、天井の崩壊はまだ終わってはいなかった。ノヴァ化した〈セイレーン〉が空中でその巨体を震わせると、一也たちの頭上から更に石片の雨が降り注いだ。

「……波岡さん?」

 声に出したのは、一也ではなく、〈バグ〉だった。
 そして、一也も認識した。
〈バグ〉と一也を庇い、その上に重装甲の身体を投げ出していたのは、〈ケンタウロス〉──波岡が変身した怪物だった。

(……どうして)

 めぐみにしても波岡にしても、〈セイレーン〉がノヴァ化し、塔が崩壊を開始したのと同時に、姿を消していた。
 戻ってきたのか……自分たちを助けるために?
 一也が不思議に思っている間も、〈ケンタウロス〉は〈バグ〉の代わりに落ちる石片をその身に浴び、一也たちを守ってくれていた。分厚い金属の装甲が石の雨に叩かれ、ガンッガガッガッと、凄まじい音を立てた。

「こっちもいつまでも持たないぞ!」〈ケンタウロス〉が声を上げた。「おい、ムシ! 三原君連れて、下へ逃げろ! この塔自体も崩れちまうぞ!」

〈ケンタウロス〉の声に押されて、〈バグ〉は動いた。一也の身体を抱きかかえると、姿勢を低くして駆け出す。目指す先は階下へと続く螺旋階段だ。
〈バグ〉に続いて〈フェンリル〉、そして〈ケンタウロス〉も走り出した。〈セイレーン〉が追いかけてくる気配はなかったが、塔は不気味に震動を続けていた。
 長い階段をようやく駆け下り、〈バグ〉たちが外へ飛び出したのと同時だった。

 ──塔が崩壊した。

≪前へ 先読み一覧へ 次へ≫



新着情報一覧へ戻る

注目シリーズPick Up Series

新着情報Topics

試し読み月間ランキングRanking

  • 第1位

    盾の勇者の成り上がり 1  アネコユサギ

  • 第2位

    駆除人 1 ~ツナギを着た転生者~ 花黒子

  • 第3位

    盾の勇者の成り上がり 2  アネコユサギ

  • 第4位

    二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 1 ~裏切り王女~ 木塚ネロ

  • 第5位

    二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 2 ~夢狂いの魔術師~ 木塚ネロ

  • 第6位

    盾の勇者の成り上がり 13  アネコユサギ

  • 第7位

    盾の勇者の成り上がり 19  アネコユサギ

  • 第8位

    盾の勇者の成り上がり 3  アネコユサギ

  • 第9位

    アラフォー賢者の異世界生活日記 1  寿安清

  • 第10位

    盾の勇者の成り上がり 4  アネコユサギ

編集部ツイートTwitter