新着情報一覧Topics

第4章「怪物たちの死闘」|28:決着〜勝利と敗北

2015年09月17日

先読み情報
エネミーズ/1996 1

VIEW:〈ドラゴン〉 
SHEET:1-4-028
DATE:19XX/XX/XX 06:40 
PLACE:新宿 西武新宿駅 

窮地に陥った〈勇者〉は最後の賭けに出る。そして……


〈ドラゴン〉は破壊された西武新宿駅を背にして立っていた。
 対する〈勇者〉は駅の向かい、〈ドラゴン〉の熱線によって融解し、灰色の小山と化したかつてのビル群の上にいた。

 ──これで終わりだ。

 どこの世界からの来訪者か知らないが、怪物の王である自分に、たかが人の身でありながら勝利することなど、不可能だからだ。
〈ドラゴン〉が勝利を確信していると、〈勇者〉は不思議な行動をとった。剣を捨て、ゆっくりと目を閉じる。最大の敵を前にして、その様子はあまりに無防備だった。戦いを放棄したとしか見えなかった。
〈ドラゴン〉は大きく胸を張った。相手がそのつもりならそれでいい。望み通り、始末してやろう。
 口を大きく開き、熱線を吐こうとした寸前、〈ドラゴン〉の身体は金縛りに遭った。

 ──恐怖が、彼を凍りつかせていたのだ。

〈ドラゴン〉はしばらくの間、自らの身に起きたことを理解できないでいた。恐怖という感情は、彼が怪物の王となってからは、もう長らく忘れていたものだったからだ。
 そんな〈ドラゴン〉の混乱を見透かしたかのように、〈勇者〉はゆっくりと動いた。右手を高々と掲げる。たちまち、灰色の空に亀裂が走り、それを中心に真っ黒な雲が渦を巻いた。
 と、同時に。
 耳を聾する轟音とともに、あたりが真っ白になった。
 ──落雷。

「……神の裁きである。邪悪の王よ、これがおまえの最期だ」

 更に、一撃、また、一撃。
 空を割って奔る雷は〈ドラゴン〉の脳天に直撃した。その巨体は横倒しになり、僅かに残っていた西武新宿駅の建物は、その基部までが完全に倒壊した。

「……滅せよ」

〈勇者〉の言葉とともに、止めの一撃が天から下された。その稲妻……否、巨大な雷光の剣は〈ドラゴン〉の頭から尻尾に至るまでを、真っ二つに裂き、その命を奪った。


 ──絶命の寸前の走馬燈。
〈ドラゴン〉はこれまでの人生ではなく、これから起こる、未来のビジョンを見た。
 怪物の王たる自分、〈ドラゴン〉が死んでも、怪物たちが滅ぶことはない。
 この世界に溢れ出る無数の怪物たち。
〈勇者〉と怪物たちの戦いは未来永劫終わることはない。
 この世界をすべて灼き尽くしながら……。

≪前へ 先読み一覧へ 次へ≫



新着情報一覧へ戻る

注目シリーズPick Up Series

新着情報Topics

試し読み月間ランキングRanking

  • 第1位

    無職転生 15 ~異世界行ったら本気だす~ 理不尽な孫の手

  • 第2位

    用務員さんは勇者じゃありませんので 8  棚花尋平

  • 第3位

    アラフォー賢者の異世界生活日記 4  寿安清

  • 第4位

    二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 1 ~裏切り王女~ 木塚ネロ

  • 第5位

    盾の勇者の成り上がり 18  アネコユサギ

  • 第6位

    治癒魔法の間違った使い方 1 ~戦場を駆ける回復要員~ くろかた

  • 第7位

    二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 3 ~亡夢の魔術師~ 木塚ネロ

  • 第8位

    駆除人 1 ~ツナギを着た転生者~ 花黒子

  • 第9位

    八男って、それはないでしょう! 11  Y.A

  • 第10位

    無職転生 13 ~異世界行ったら本気だす~ 理不尽な孫の手

編集部ツイートTwitter