新着情報一覧Topics

第4章「怪物たちの死闘」|31:自壊

2015年09月20日

先読み情報
エネミーズ/1996 1

VIEW:三原一也 
SHEET:1-4-031
DATE:1996/08/13 TUE 17:20 
PLACE:荒野 

ノヴァ化した〈セイレーン〉は意外な運命を辿る


「みんなが殺されてくとこだけじゃないよ……」〈フェンリル〉が口を開いた。「どうしてだかわかんないけど、自分が死んだ後のこともずっと見てた。この先、三原さんが体験したことはぜんぶ……あの西武新宿駅での、〈ドラゴン〉と〈勇者〉の決戦まで」

「俺もだ」と、〈ケンタウロス〉が言えば、〈バグ〉も「僕もです」と声を上げた。

「……」

 一也は思いを巡らせた。
 ──〈フェンリル〉、〈ケンタウロス〉、〈バグ〉が殺され、〈セイレーン〉に加えて、ノヴァ化した〈スライム〉と〈ガネーシャ〉まで現れた。その事態は一也を極限まで追い込み、彼を〈ドラゴン〉へと変身させた。
〈ドラゴン〉……自分は一瞬で〈セイレーン〉たち巨大な怪物を葬り去った。
 そして……その後のことは記憶が曖昧だ。
 時間と情報と体験が奔流となり、ようやく認識できるレベルになった時、自分は西武新宿駅を破壊していた。
 そして〈勇者〉たちとの対決……。

「三原さん、見てください! 〈セイレーン〉が!」

〈バグ〉の叫びに、一也は現実に引き戻された。振り向いて〈セイレーン〉の様子を確認する。

「……あれは」

 こちらを追いかけ、宙を駆けてくる〈セイレーン〉、その身体が崩壊を始めていた。
 背ビレが塵のようになり、ひびの入った小さなヒレが粉々に割れて、胴体から脱落していく。

「なにが起きてるんだ?」

 誰に問いかけたわけでもない一也の言葉に、〈ケンタウロス〉が答えた。

「さっきからだよ。よく見てみたら、あのデカブツ、身体のあちこちがひびだらけになってた。理屈はおまえさんの方が知ってるんじゃないのか?」

 逆に尋ねられ、一也は首を横に振った。

「ただ……ノヴァ化の無理が祟ってるのかもしれない。だから……」

 ボオオオオオオォォォォォォォッッ!

〈セイレーン〉が苦しげに鳴いた。
 同時に大きな背ビレが吹き飛び、それが合図だったかのように、その身体が爆発するように砕け散った。

「三原さん!」

〈バグ〉が一也に覆い被さった。砕けた巨体が礫となって、彼らの方まで飛んできたのだ。

「……とりあえずは助かったみたいだな。殺されずに済んだってわけだ」

〈ケンタウロス〉がようやく足を止めた。
 ノヴァ化した〈セイレーン〉との戦いは、ようやく終わった。それを証明するかのように、紫の瘴気に満ちた荒野も消え、元の西新宿の光景が甦ろうとしていた。

≪前へ 先読み一覧へ 次へ≫



新着情報一覧へ戻る

注目シリーズPick Up Series

新着情報Topics

試し読み月間ランキングRanking

  • 第1位

    二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 3 ~亡夢の魔術師~ 木塚ネロ

  • 第2位

    無職転生 14 ~異世界行ったら本気だす~ 理不尽な孫の手

  • 第2位

    二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 1 ~裏切り王女~ 木塚ネロ

  • 第4位

    八男って、それはないでしょう! 11  Y.A

  • 第5位

    魔法? そんなことより筋肉だ! 1  どらねこ

  • 第6位

    無職転生 13 ~異世界行ったら本気だす~ 理不尽な孫の手

  • 第7位

    無職転生 1 ~異世界行ったら本気だす~ 理不尽な孫の手

  • 第8位

    二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 2 ~夢狂いの魔術師~ 木塚ネロ

  • 第9位

    盾の勇者の成り上がり 17  アネコユサギ

  • 第10位

    盾の勇者の成り上がり 1  アネコユサギ

編集部ツイートTwitter