アラフォー賢者の異世界生活日記 6

シリーズ:アラフォー賢者の異世界生活日記

試し読み

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

おっさん、一狩り行きたい子供達の保護者になる(独身)

ツヴェイトの護衛任務を完遂し、そこから少々の寄り道をして自宅へと帰ってきたゼロス。
一方、フェアリー・ロゼとの戦闘で自分の弱さを痛感していたイリスは、何を思ったのかコッコに教えを請い、格闘術の訓練に励むのだった。魔導士だというのに……。
同じく養護院の子供達もコッコから様々な戦闘訓練を受けて、そろそろ実戦を体験してもよさそうなくらいには、腕前を成長させつつあった。
「そろそろそれがし達も実戦を経験したいのだ。アンジェ達も狩りに行く気満々だぞ?」「ルーセリスさんと相談してからじゃないと駄目だね」
そんなやり取りも虚しく、結局子供達は狩りへ行ってしまう。必然的にゼロスとルーセリスは保護者として引率することになり……。

定価:1,320円(本体1,200円+税)
ISBN:9784040698670 サイズ:B6判
リンクテキスト リンクテキスト LINEに送信
MFブックスをシェアしよう!