銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。6

シリーズ:銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。

試し読み

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

信長の願い虚しく、織田と津田、決別の時を迎える

織田信長が世を去り、その嫡男信忠が跡を継ぐことで歴史は再び紡がれていく。
葬儀後、信長の遺書を通じ、神社仏閣の増改築事業を信忠の手柄とすべく、光輝は淡々とその使命を全うしていく。
どうしても手の回らないところは、個人的な嫌悪を度外視して細川幽斎に協力を仰ぐ光輝。
だが、当の幽斎の光輝嫌いはどうにもならない域に達しており、仕事はするものの一人悪態をつき続けるのであった。
そして思いもよらぬ信忠の急死、さらには織田幕府と津田家との関係に決定的な溝が生まれるや、光輝の落胆と幽斎の憎悪は戦へと姿を変え、両者を決戦の地、関ヶ原へと誘うのであった。

定価:1,320円(本体1,200円+税)
ISBN:9784040699592 サイズ:B6判
リンクテキスト リンクテキスト LINEに送信
MFブックスをシェアしよう!