用務員さんは勇者じゃありませんので 5

シリーズ:用務員さんは勇者じゃありませんので

試し読み

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

新たな勇者・リュージの登場で、蔵人は再びの窮地に――

エスティアの仇であるファンフとの戦いに決着をつけた蔵人は、再び昇格試験に挑み、どうにか七つ星に昇格する。だがそこに、怪盗討伐の強制依頼が舞い込んだ。蔵人は八つ星降格と依頼を天秤にかけるが、躊躇なく降格を選び、日常へと戻っていく。
そんな蔵人の前に、突如リュージという暴虐の勇者が現れる。
賞金稼ぎとして単独で活動しているリュージにとって、加護を奪われた勇者である蔵人には大きな利用価値があった。勇者の名誉を守りたいハヤト派と、勇者を道具として使いたい反ハヤト派、どちらに売っても多大な利益が見込める。
逆に蔵人は、どちらに転んでも待っているのは死か、監禁。見事なまでに、詰んでいた。
そしてリュージに従わざるをえなくなった蔵人は、一度断った強制依頼を受け、怪盗討伐作戦へと向かうはめになるのだが……。

定価:本体1,200円(税別) 発売日:2016年6月24日
ISBN:9784040684253 サイズ:B6判
リンクテキスト リンクテキスト LINEに送信
MFブックスをシェアしよう!